ホーム > 事例紹介

h1_03.jpg

事例紹介

請求管理業務の効率化

クライアントの課題(新規事業を開始する予定のF社)

同社では、当該新規事業の一部業務(料金管理・請求事務)を効率化に運営するための、コンサルティングおよびアウトソーシングの提案を希望されておりました


支援内容

上記の要望等を踏まえ、当社は新規事業の業務運営フローに関するコンサルティングおよび料金管理・請求管理事務の一部受託を提案し、低コストかつ事業継続性の高い業務運営体制を構築しました。



債権管理業務の標準化

クライアントの課題(小売業を展開するD社)

同社は、不良債権の回収に苦慮しており、債権管理業務のルール化、標準化業を希望されておりました。


支援内容

当社コンサルタントによるプロジェクトチームを組成。2か月間の事業実態調査を踏まえ、債権管理マニュアルを整備の上、一部業務のアウトソーシングについても同時提案。業務の標準化により不良債権の発生そのものが減少する結果となりました。



ロボットコールセンター

 株式会社グリーンシップが特許をもつロボットコールセンターの代理店としての販売を行うとともにお取引先からの受託業務としてロボットコールセンターを運営しております。

ロボットコールを利用するメリットとして、発信(アウトバウンド)・着信(インバウンド)のいずれも有人オペレーターの代わりにロボットが行うことで、24時間無人で対応することが可能になります。業務の効率化の観点からは、個別データの読み上げ及びリアルタイムでSMSの一斉配信も可能となることで、通達率、接続率が向上します。また、必要に応じて有人コールセンターへの転送も可能となり、有人対応に比べ大幅なコストダウンが可能となります。

2020年1月現在のお取引先件数は、代理店契約が12社、受託先が10社となっております。